全国草原再生ネットワークとは

1.設立趣旨

 草原火入れ放牧採草という数百年以上に渡って繰り返されてきた農畜産の営みによってはぐくまれてきた、貴重な自然遺産であると同時に、日本のふるさとの原風景として次の世代に引き継いで行くべき大切な文化遺産でもあります。
 また、草原のすぐれた眺望は国民的な財産として国立・国定公園の指定要件にもなるなど、草原は地域の観光資源としての役割も果たしています。
 さらに、絶滅が心配されている草原性の動植物にとって、草原は国内に残された希少な生息の場でもあります。生物多様性の危機が叫ばれている現在、草原における生物多様性の保全は至急に取り組むべき、国家的な課題でもあります。

 しかしながら、高度経済成長期以降、放牧、採草といった草原利用の衰退にともなう農用地開発や植林への土地利用形態の変化により、現在では伐採跡地や野草地を含めても、草原は国土の約3.6%にまで激減しています。

 このような現状を受け、第1回の全国草原シンポジウム・サミットが大分県久住町(1995年)で開催され、その後6回(島根県大田市:1997年、北海道小清水町:2000年、山口県秋芳町:2001年、熊本県阿蘇郡:2002年、長野県諏訪市:2003年、岡山県蒜山市・鳥取県江府町:2005年)、全国各地で全国草原シンポジウム・サミットが開催されました。
 シンポジウム・サミットでは、草原の価値、草原再生の意義、草原保全の考え方及び実践に関する議論や各地での取り組みが報告され、草原に対する国民の関心を高めることの重要性や行政、地域住民、畜産業者、観光業者のみではなく、観光客や都市住民とのパートナーシップ確立の重要性について意見交換がなされてきました。そして、その実現のために全国草原シンポジウム・サミットを今後とも継続し、日本各地の草原を有する地域の関係者間のネットワークを広げ、より一層の連携の図っていく必要性についても議論されてきました。

 この課題に対処すべく、『草原の有する価値、草原再生の意義を再評価し、全国で草原再生活動を行っている、あるいは、行おうとしている個人・団体の連携を通じて、全国の草原再生・利活用に寄与すること』を目的とする全国組織として、全国草原再生ネットワークを設立することとし、2007年11月16日に設立されました。

2.設立に至るまでの経緯

 2007年秋季の第8回草原シンポジウム・サミット開催に先だって、2006年10月11日、 広島市広島県庁会議室にて、過去の全国草原シンポジウム・サミット開催地で草原再生活動を行っている5団体や全国で草原再生活動を行っている有志、合計12名が参加し、全国草原再生ネットワークの設立及び第8回草原シンポジウム・サミットの開催にむけ、初めての会合を持ちました。そして、『全国草原再生ネットワーク準備会』を成することとしました(独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター 高橋佳孝が世話人代表を務める)。その後、設立に向けて準備を進めてまいりました。

3.会議の記録

総会の記録
役員会の記録

4.役員

会長

高橋佳孝((独)農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター)

副会長

山内康二((財)阿蘇グリーンストック 専務理事)
阿座上昌亮(とってもゆかいな秋吉台ミーティング)

理事

笹岡達男((財)休暇村協会 常務理事)
山田朝夫(愛知県安城市 副市長)
白川勝信(芸北 高原の自然館 主任学芸員)
熊田章子(霧ヶ峰ネットワーク 代表)
塩坂邦雄((株)環境アセスメントセンター)
高橋泰子(NPO法人 緑と水の連絡会議 理事長)
横田潤一郎(アジア航測株式会社)

監事

徳永巧(真庭遺産研究会、観光カリスマ)
国安俊夫(NPO法人日本エコツーリズムセンター)