草原用語

草原関連の用語を収集・整理し、検索できるようにしています。

高層湿原 :こうそうしつげん

ミズゴケが泥炭となり積み重なって盛り上がり、その上に湿地環境が成立している湿原。高山地帯や高緯度地域などの低温環境に多い。地下水による水供給が無いことから、貧栄養な湿原となる。盛り上がった場所にあるという意味で高層湿原と呼ばれ、対して地下水の影響を受けるような湿原は低層湿原や中間湿原と呼ばれる。

ごうだて金 :ごうだてきん

労働力となる若い男子が出稼ぎ等のため居ない家など、やむを得ず義務づけられた公役を果たせない場合に、その対価として支払うお金のこと。

コエグロ :こえぐろ

刈り取った草を、保管を目的として小高く積み上げたもの。草グロや、単にグロとも呼ぶ。主に四国地方の方言。

穀物肥育牛肉 :こくもつひいくぎゅうにく

国立公園・国定公園・都道府県立自然公園 :こくりつこうえん・こくていこうえん・とどうふけんりつしぜんこうえん

日本においては、自然公園法により、優れた自然の風景地を保護するとともに、その利用の増進を図ることにより、国民の保健、休養及び教化に資するとともに、生物の多様性の確保に寄与するために指定された自然公園のこと。阿蘇や秋吉台を始め、草原景観を含む公園が、全国で多数指定されており、優れた自然の風景地としての草原の価値が高められている。

小まるき :こまるき

茅葺きにおいて、茅の束を束ね直すこと。

コモンズ :こもんず

共有で利用する土地、または制度のこと。日本における入会に近いとされるが、日本における入会権は、特定の集落や組合などに権利が属しており、遊牧民族などが利用する土地など所有権の無い土地を意味するコモンズとは、ややニュアンスが異なるともされる。法則として、経済学用語である「コモンズの悲劇」が有名。

黒ボク土 :くろぼくど

日本で広く見られる土壌の一つで、黒く、ぼくぼくした感触が特徴の土壌。火山灰を母材とし、草原植生の影響を強く受ける土壌で、過去の植生の復元資料としても価値のある土壌である。例えば、イネ科草本を由来とする植物珪酸体が何層にも含まれていることは、人の営力(火入れ)が長期間に渡って続けられていたことを表している。英語の「Ando」は、暗土(あんど)に由来する。

極相 :きょくそう

生態学で、遷移の最終的な段階のこと。生態系の構成が、その場所の地盤条件や気候条件にあわせ平衡状態となっている状態。

消し方 :けしかた

火入れ時に、火消し棒などで火を消していく作業をする役割の人のこと。

金肥 :きんぴ

お金を出して購入する肥料のこと。

原生花園 :げんせいかえん

主に北海道の沿岸部に見られる草原。かつて北海道では沿岸部の野草地や伐採跡地で放牧を行っていたが、家畜が好むイネ科草本などが選択的に採食された結果、家畜があまり好まない植物が高い密度で残り、花畑のような独特の景観を形成するようになった。この景観のことを原生花園と呼び、地元では観光などに活用している。「原生」という名がつくが、上記のような形成過程をもつため、ほとんどの場合、原始的な自然環境ではないといえる。また、撹乱の減少に伴って植物種数が減少している原生花園もある。小清水町にある小清水原生花園では、火入れを行うことで、草原の再生が試みられている。

公役 :くえき

公役に労働力を出すこと。

原野 :げんや

耕作の方法によらないで雑草、灌木類の生育する土地。日本では、土地利用の地目の一つとして用いることが多い。

草玩具 :くさがんぐ

草で作った玩具のこと。冠やバッタ、フクロウなどを模したものや、草笛などがある。

公益的機能 :こうえきてききのう

土砂災害防止といった国土保全機能の他、水源かん養機能、生物多様性の保全など、人々が暮らしていく中で必要な機能のことを指し、森林や農地、草原が本来持つ生産機能とは別に我々が受ける様々な恩恵のこと。

草小積み :くさこづみ

刈り取った草を、保管を目的として小高く積み上げたもの。主に阿蘇地方の方言。

恒久防火帯 :こうきゅうぼうかたい

防火帯をコンクリートなどで舗装し、作業道や周遊路にすると同時に、恒久的に可燃物となる植物が生えてこないようにしたもの。

草スキー :くさすきー

雪上ではなく、芝地の斜面を滑降するスキーのこと。草スキーではグラススキーと呼ばれる専用の道具を用いて滑降する。グラススキーにはエレメントと呼ばれる無限軌道が回転し、草の上でも滑ることが可能となっている。

草泊まり :くさどまり

ススキなどの草で作った簡易の野営小屋。昔、集落から離れた採草地で何日にも渡って草刈りをする際、集落との往復の手間を省くために使われた。阿蘇地方では、草原を利用してきた文化、歴史を学ぶため、草泊まりを作る体験授業などが行われている。