火入れ条例:ひいれじょうれい 

各市町村長が森林法に基づいて、火入れの許可を行う場合の手続きや許可の要件を定めたもの。

No Image

バイオマスエネルギー:ばいおますえねるぎー biomass energy

No Image

ハギ山:はぎやま 

No Image

パラグライダー:ぱらぐらいだー Paraglider

スカイスポーツの一つ。

No Image

半自然草原:はんしぜんそうげん semi-natural grassland

【類義語】二次草原

No Image

繁殖農家:はんしょくのうか rancher

の生産農家の内、繁殖により生産した子を売る農家のこと。

No Image

肥育農家:ひいくのうか 

の生産農家の内、繁殖農家から購入したを肥育し、食用肉として販売する農家のこと。

No Image

火入れ:ひいれ Controlled burn

主に冬から春にかけて行われる、草原に火を放って地上部を焼き払う行為。植生遷移(森林化)を断ち切り、人為的に草原の状態に留める役割がある。これにより健やかな芽吹きを促すとも、畜産に有害なダニを駆除するとも言われている。 【類義語】野焼き,山焼き

No Image

火打ち縄:ひうちなわ 

No Image

火消し棒:ひけしぼう Firefighter rod?

火を叩き消すための箒状の道具。竹の先を割り広げてカズラを編み込んだものなど。常緑樹の青葉がついた枝をそのまま使う場合もあり、主にスギやヒノキが利用されるが、地方によってはアセビやヤマツバキなどの他の常緑樹が使われることもある。藁などを巻きつけた上で、水につけて用いる地域もある。

No Image

火の生態学:ひのせいたいがく fire ecology

山火事跡や火入れ地に出来る生態系を研究する学問。特に、山火事が自然に発生しやすいアメリカで盛んな研究テーマである。火事が頻発する土地では、火事に適応した生物の特性が知られており、例えば、マツの中には火事による高温化に晒されることで球果(松ぼっくり)が開き、発芽が可能になる種が存在する。このような種は火事に依存し、火事とともに進化してきたと考えられている。このため、自然界における火事は特定の動植物に一時的に影響を与えることがあっても、その地域の生態系に対しては、絶対的な悪影響を及ぼすことはないと考えられている。

No Image

火道:ひみち Firebreak

火入れの際、周囲への延焼を防止するため、あらかじめ草を刈り取り除去し可燃物を取り去った帯状のエリアのこと。通常は幅5m〜10m程度。火道という言葉は、主に秋吉台地方で使われている。 【類義語】防火帯,輪地 【関連語】火道切り

No Image

火道切り:ひみちきり making Firebreak?

火道防火帯)を作ること。秋吉台地方に独特の言葉。 【類義語】輪地切り 【関連語】防火帯,輪地,火道

No Image

日役:ひやく 

No Image

氷河遺存種:ひょうがいぞんしゅ 

No Image

風衝草原:ふうしょうそうげん windswept grassland?

No Image

防火帯:ぼうかたい Firebreak

火入れの際、周囲への延焼を防止するため、あらかじめ草を刈取り除去し可燃物を取り去った帯状のエリアのこと。通常は幅5m〜10m程度。 【類義語】輪地,火道

No Image

放棄草原:ほうきそうげん 

火入れや草刈りなどの維持管理が放棄された草原のこと。日本ではほとんどの地域で、早ければ放棄後、数年~10年程度で灌木が侵入し、その後森林へと遷移が進行する。

No Image

放牧:ほうぼく grazing, stoking

や山羊などの家畜を牧野に放すこと。

No Image

放牧圧:ほうぼくあつ grazing pressure

放牧によって放牧地が受ける圧力のこと。草地学では、特にそこにある餌(草量)あたりの放牧頭数のこと。

No Image

放牧地:ほうぼくち grazing land, pasture, grazed sward

No Image

牧柵:ぼくさく fence

家畜が逃げないように放牧地に設置された柵のこと。

No Image

牧草:ぼくそう herbage plant, pasture plant

家畜の餌となる草のこと。狭義には、栄養価の高い外来の草本を差し、これらを特に外来牧草ともいう。 【関連語】外来牧草

No Image

牧草飼育牛肉:ぼくそうしいくぎゅうにく Glass-Fed Beef

No Image

牧野:ぼくや range

家畜の放牧または飼料・敷料の採取に使われる土地。 【関連語】原野,牧野組合

No Image

牧野組合:ぼくやくみあい pastoral association

牧野を共有し利用・管理する、地域の畜産農家などからなる組合。 【関連語】牧野

No Image

牧養力:ぼくようりょく Carrying capacity, grazing capacity

放牧地の単位面積あたりに、どの程度の家畜を飼育できるかを示す力。 【関連語】環境収容力

No Image

ボッチ:ぼっち 

ねて立ておいたもの。主に北関東地方の方言。 【関連語】草小積、コエグロニュウ

word_bocchi

盆刈り:ぼんがり 

No Image

盆花:ぼんばな 

盂蘭盆(うらぼん)に山野から取ってきて盆棚に飾る花。地方によって差異はあるが、ミソハギ、キキョウ、オミナエシなどが主である。

No Image

把:は 

の単位の一つ。一抱えで集めることのできる量を一とする。

No Image

火引き:ひびき 

火入れ時に、火付け棒を使って点火していく作業のこと。また、その役割の人のこと。 【類義語】火付け 【対義語】火消し 【関連語】火付け

No Image

火付け:ひつけ 

火入れ時に、火付け棒を使って点火していく作業のこと。また、その役割の人のこと。 【類義語】火引き 【対義語】火消し 【関連語】火付け

No Image

ひぞり火:ひぞりび 

(※前回のヒヤリハットに出ていたが、それ以外に用例が見つからない)

No Image

本火:ほんび 

尾根側から谷に向かって下るように少しずつ火を入れていった後、斜面下方から火をつけて一気に斜面を焼き上げる際の強い火のこと。火消し棒などでは消火できないほど強い火であり、最後は火と火をぶつけあうことで消火する。 【関連語】迎え火

No Image

火消し:ひけし Fire fighting

火入れ時に、火消し棒を使って、残り火などを叩き消していく作業のこと。また、その役割の人のこと。 【対義語】火付け 【関連語】火消し

No Image

火付け棒:ひつけぼう 

火入れ時に点火するための棒状の道具で、多くの場合、長い竹の先に綿布などを巻いて油をしみ込ませておき、そこに火をつけて使う。

No Image

繁殖牛:はんしょくぎゅう reproductive cattle

を生産する目的で飼育されているのこと。

No Image

肥育牛:ひいくぎゅう fed cattle

No Image

古野:ふるの 

No Image

放牧肥育:ほうぼくひいく 

No Image

干草刈り:ほしくさかり 

No Image

火ぼて:ひぼて 

No Image

ボランティア:ぼらんてぃあ volunteer

一般的に、自主的に無償で社会活動などに参加し、奉仕活動をする人のこと。草原再生の活動においては、防火帯づくりや火入れ作業に従事する人員の不足や高齢化が進んでおり、ボランティアの重要性が各地で増してきている。阿蘇では例年、延べ2,000人以上のボランティアが草原の維持管理活動に参加している。また、草原の公益的機能について理解を得るためには、草原でのガイド活動なども重要であり、このような活動にボランティアが活躍している地域も多い。

No Image