その他

日本の草原データベースとは・・・

全国草原再生ネットワークでは、日本各地の草原のデータベース化を進めています。
現在、情報は主に以下の方法で集めています。
 ・保全団体、個人からの情報提供
 ・エクスカーション(現地見学)による現地の確認
 ・アンケートによる実態の把握
 ・インターネット検索
なるべく多くの日本の草原を、実際に目や耳で確認し、より確実な情報の整備を進めていきたいと考えております。しかしながら、数多くの草原に対してスタッフは限られているのが現状です。そのため現在のデータベースはインターネット上の情報に頼っているところが多く、情報の確実性については一部保証できない草原もあります。ご了承の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 また、より充実したデータベースとするため、皆様からの情報をお待ちしております。
情報に不足や間違いがございましたら、事務局までご一報お願いいたします。

A.検索条件を指定する

画面右側の「都道府県から見る」よりご指定ください。

B.地図から調べる




地図 読込み中・・・しばらくお待ちください

より大きな地図で 日本の半自然草原マップ を表示

[凡例]
dry 乾性草地:ススキやカリヤス、チガヤといった植物が生育する草地
wet 湿性草地:ヨシやオギといった植物が生育する草地
mow 採草により、草地の利用や管理が行われている。
graze 放牧により、草地の利用や管理が行われている。
fire 火入れ(野焼き・山焼き)により、草地の管理が行われている。
various その他の管理や利用が行われている。  例:山菜採取、生物多様性保全等
midori ※情報整理中、または情報不足です。

与川峠の草原

所在地:長野県大桑村

面積:30ha

東富士演習場_御殿場市

所在地:静岡県御殿場市 > 小山市、裾野市にもまたがる

面積:2,750ha(演習場総面積9,809haのうち野焼き面積)

自衛隊東富士演習場は、総面積9,809haと本州最大規模の演習場である。3つの自治体にまたがるが、御殿場市(6,139ha)、小山町(1,711ha)、裾野市(959ha)で構成されるため、最も広い御殿場市を所在地の代表として記載する。


北部は北富士演習場に接している。


入会慣行があるため、演習のない日は入会権のある人は立ち入ることができる。


2010年の野焼きでは強風で火に囲まれた3名の方々が亡くなる事故が起こり、御殿場市は火入れ条例を改正した。

三原台

所在地:鳥取県鳥取市

面積:100ha

岡山県との県境にある三原山の標高800mの台地に広がる、100haのススキ草原である。


ウスイロヒョウモンモドキの保護地として管理されていることから、良好な草原環境が維持されており、ツツドリ、カッコウ、ヨタカなど里地里山に特徴的な鳥類も確認されている。

★草原DBサンプル

所在地:島根県大田市 > 三瓶町小屋原

面積:33ha(備考:○○○)

三瓶山の山麓には、西の原、東の原、北の原と呼ばれる草原があり、広々とした風景や牧歌的な景観を楽しむことができる。


毎年3月には西の原で火入れが行われ、三瓶山に春を告げる風物詩となっている。

岩木川のヨシ原

所在地:青森県五所川原市

面積:400ha(河口から遡って11kmまでの両岸。ヨシ原の最大幅は300m)

汽水湖である十三湖に岩木川が注ぐ河口には約40haの広大なヨシ原が広がる。一帯は多くの渡り鳥が訪れるほか、希少なオオセッカの繁殖地である。


古くからヨシ刈りが行われ、重要な現金収入の源であった。土地自体は国有地であるものの、生えているヨシについては近隣集落の強い権利が認められてきた。


ヨシの利用が少なくなってからは荒廃が進み、火入れを行ったが反対意見が根強く、代替案としてヨシペレットが検討されている。


これらの経緯には、多くの研究者がオオセッカや火入れ等の調査を通じて関わってきた。

田島ケ原サクラソウ自生地

所在地:埼玉県さいたま市 > 桜区大字西堀ほか

面積:4.12ha(2ヶ所の合計)

田島ケ原サクラソウ自生地は、サクラソウ自生地として唯一の国指定特別天然記念物で、桜草公園の中心にある。


他の荒川流域のサクラソウ自生地がほぼ消失してしまった現在では、大変貴重な存在である。江戸時代から変異に富むサクラソウで知られ、古典園芸植物としての多くの品種がこの地から生まれたと言われる。


約100万株のサクラソウをはじめ、約250種の植物が自生し季節を通して楽しめる。


浮野の里のヨシ原

所在地:埼玉県加須市 > 多門寺、北篠崎 地内

面積:8ha(周辺全体125haのうち火入れ地の範囲)

浮野の里は、新田開発の名残をとどめる田堀、ヨシ原(ちりじ野)、クヌギ並木、屋敷林などの貴重な自然や歴史的環境が残る地域。地域内には、氷河期に形成された地下谷の上に浮かぶ湿原「浮野」がある。


県指定天然記念物「トキソウ」の自生地。

手賀沼のヨシ原

所在地:千葉県我孫子市

面積:

千葉県北部、柏市、我孫子市、白井市、印西市にまたがる利根川水系の湖沼。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼である。


1955年ごろまでは、江戸時代から続くフナやうなぎなどの名産地だったが、都市化に伴って全国でも有数の水質汚濁度となった。2001年度まで27年間連続で化学的酸素要求量 (COD) の全国ワースト1だったが、導水路の完成で希釈されるなどして多少改善した。


今も水質改善への取り組みに関心が高く、ヨシの植栽事業などが行われてきたが、近年ヨシ焼きが行われなくなり、堆積と火災が問題化している。

開田高原

所在地:長野県木曽町

面積:

開田高原は旧開田村を表す住所の名称であり、その中に草地が点在している。開田高原は伝統的な木曽馬の飼育地であり、現在も小規模ながら継続されている。また、野草放牧地での牛の放牧も行われている。


木曽馬の飼育が盛んだった1950年代には、広大な採草地が広がり「採草地を半分にわけ、ある年片方のみ、春先に火入れをし、秋にそこで採草する。もう一方は、翌年の春に火入れし、秋に採草する」ことを交互に繰り返す独特な草地管理が行われてきた。これらの採草地ではキキョウやオミナエシが見られ、かつて盆花として利用されていた。


また、採草地は長野県内で唯一のチャマダラセセリ生息地であり、草刈りや火入れなどの保護活動が行われている。チャマダラセセリは環境省レッドリスト絶滅危惧ⅠB類、長野県版レッドリスト絶滅危惧ⅠA類、長野県希少野生動物保護条例指定の希少な草原性チョウであり、許可なく捕獲・採集することが禁じられている。