草原文献リスト

草原関連の文献情報を収集・整理し、検索できるようにしています。

黒ボク土の生成と農耕文化

とくに放牧との関わりについて

著者名:渡辺真紀子(渡邊眞紀子)

雑誌名:お茶の水地理

出版年:1990

長野県霧ヶ峰高原におけるニホンジカの草原の利用と電気柵の影響

著者名:瀧井暁子,泉山茂之,奥村忠誠,望月敬史

雑誌名:信州大学農学部AFC報告

出版年:2013

長期研究で明らかになった草原植生の多様な遷移過程

草原における長期研究の取り組み

著者名:山本嘉人

雑誌名:日本草地学会誌

出版年:2001

はじめに

長期生態研究の重要性

草原における長期研究の取り組み

著者名:山本嘉人

雑誌名:日本草地学会誌

出版年:2001

霧ヶ峰における二次草原の将来像に対する利用者の評価に関する研究

著者名:栗原雅博・古谷勝則・長内健一・熊田章子

雑誌名:ランドスケープ研究

出版年:2003

阿蘇の草原から「花野」が消える!?

(2)激減する阿蘇東部地域の採草地

著者名:瀬井純雄・大滝典雄

雑誌名:Botany

出版年:2003

三瓶フォーラム 2001.3 三瓶の魅力再発見

著者名:緑と水の連絡会議

雑誌名:

出版年:2003

阿蘇地域が有するレクリエーション価値の経済評価

著者名:大久保研治

雑誌名:農業経済論集

出版年:2003

レッドデータブック掲載植物種数からみた草原環境の特徴

著者名:近畿中国四国農業研究センター粗飼料多給型高品質牛肉研究チーム・草地多面的機能研究チーム

雑誌名:近畿中国四国農業研究センター2008年度研究開発ターゲット成果-最近の主な研究成果-

出版年:2009

阿蘇草原再生協議会

著者名:阿蘇草原再生レポート 活動報告書2008

雑誌名:

出版年:2009

草原の鳥類のモニタリングにおけるスポットセンサス法の有効性 : ―ラインセンサス法との鳥の記録率の比較―

著者名:植田睦之・平野敏明・川崎慎二・黒沢令子・村濱史郎・青木則幸・今森達也・福田佳弘・馬田勝義・金井裕

雑誌名:Bird Research

出版年:2009

中国5県のRDBを用いた絶滅危惧植物における生育環境の重要性評価の試み

著者名:兼子伸吾・太田陽子・白川勝信・井上雅仁・堤道生・渡邉園子・佐久間智子・高橋佳孝

雑誌名:保全生態学研究

出版年:2009

レッドデータブックに掲載された植物種による山陰2県の草原環境評価の試み

著者名:高橋佳孝・井上雅仁・堤道生・白川勝信・太田陽子・渡邉園子・兼子伸吾・佐久間智子

雑誌名:日本草地学会誌

出版年:2009

コモンズにおける資源管理ルールの再構築(平成15年度~平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書

著者名:吉岡祥充(研究代表者)

雑誌名:

出版年:2006

野草堆肥利用マニュアル-野草を使って草原を守りましょう!-

著者名:環境省九州地方環境事務所

雑誌名:

出版年:2006

阿蘇の草原植物の現状

著者名:瀬井純雄

雑誌名:日本植物学会第70回(熊本)大会公開シンポジウム「九州の植物が危ない」,2006

出版年:2006

微粒炭分析から見た阿蘇外輪山の草原の起源

著者名:小椋純一・山本進一・池田晃子

雑誌名:名古屋大学加速器質量分析計業績報告書

出版年:2002

草地学と保全2.草原生物多様性の保全の現場

萌芽的な草原保全活動に期待する(巻頭言にかえて)

草地学と保全2.草原生物多様性の保全の現場

著者名:高橋佳孝

雑誌名:日本草地学会誌

出版年:2002

万葉集の植生学的研究

著者名:服部保・南山典子・小川靖彦

雑誌名:植生学会誌

出版年:2010

レッドデータブック(RDB)掲載植物種数からみた草原環境の特徴

-山陰2県の地域版RDBの解析から-

農地における生物多様性

著者名:高橋佳孝

雑誌名:農業および園芸

出版年:2011