放牧・採草地の維持

日本の草原データベースとは・・・

全国草原再生ネットワークでは、日本各地の草原のデータベース化を進めています。
現在、情報は主に以下の方法で集めています。
 ・保全団体、個人からの情報提供
 ・エクスカーション(現地見学)による現地の確認
 ・アンケートによる実態の把握
 ・インターネット検索
なるべく多くの日本の草原を、実際に目や耳で確認し、より確実な情報の整備を進めていきたいと考えております。しかしながら、数多くの草原に対してスタッフは限られているのが現状です。そのため現在のデータベースはインターネット上の情報に頼っているところが多く、情報の確実性については一部保証できない草原もあります。ご了承の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 また、より充実したデータベースとするため、皆様からの情報をお待ちしております。
情報に不足や間違いがございましたら、事務局までご一報お願いいたします。

A.検索条件を指定する

画面右側の「都道府県から見る」よりご指定ください。

B.地図から調べる




地図 読込み中・・・しばらくお待ちください

より大きな地図で 日本の半自然草原マップ を表示

[凡例]
dry 乾性草地:ススキやカリヤス、チガヤといった植物が生育する草地
wet 湿性草地:ヨシやオギといった植物が生育する草地
mow 採草により、草地の利用や管理が行われている。
graze 放牧により、草地の利用や管理が行われている。
fire 火入れ(野焼き・山焼き)により、草地の管理が行われている。
various その他の管理や利用が行われている。  例:山菜採取、生物多様性保全等
midori ※情報整理中、または情報不足です。

与川峠の草原

所在地:長野県大桑村

面積:30ha

平原草原

所在地:長崎県佐世保市 > 宇久町本飯良(五量田、下五量田、吹出ノ辻、外)

面積:18ha
(googlemapからの自動計算 23.5m)

以下佐世保市レッドリスト2013「保全することが望ましい地域」より抜粋。


『草原性植物の他にハンゲショウやスナビキソウが生育。秋期にはマミジロタヒバリが渡来する。ウラギンスジヒョウモン・クロツバメシジミの生息地。湿地部分にはコフキヒメイトトンボが生息しイヌタヌキモ・イチョウウキゴケが生育する。』

神浦草原

所在地:長崎県佐世保市 > 宇久町神浦(平子、五代畑)

面積:8.9ha
(googlemapからの自動計算 7.4m)

山頭草原

所在地:長崎県平戸市 > 生月町南免字山頭3164-1他

面積:4.5ha

田代原

所在地:長崎県雲仙市 > 千々石町小ヶ倉名千々石温泉岳国有林118

面積:1〜10ha

江戸時代から終戦までは馬、戦後は牛を放牧していた。フン虫も生息。


近年の放牧頭数減少に伴い群落も減少している。現在、被圧木の除去により群落を再生中。

斑島の草原

所在地:長崎県小値賀町 > 斑島郷

面積:6ha

阿蘇_阿蘇市

所在地:熊本県阿蘇市

面積:1,600ha(阿蘇全体で)

阿蘇_小国町

所在地:熊本県小国町

面積:100ha以上

★草原DBサンプル

所在地:島根県大田市 > 三瓶町小屋原

面積:33ha(備考:○○○)

三瓶山の山麓には、西の原、東の原、北の原と呼ばれる草原があり、広々とした風景や牧歌的な景観を楽しむことができる。


毎年3月には西の原で火入れが行われ、三瓶山に春を告げる風物詩となっている。

阿蘇_産山村

所在地:熊本県産山村

面積:1,300ha

大野山かどやファーム

所在地:神奈川県山北町 > 皆瀬川710

面積:21ha(全牧草地67haのうち野草地の面積)

阿蘇_高森町

所在地:熊本県高森町

面積:

笹ヶ峰牧場

所在地:新潟県妙高市 > 杉野沢笹ヶ峰

面積:

阿蘇_西原村

所在地:熊本県西原村

面積:1,139ha

天間草原

所在地:大分県別府市 > 大字天間字登立・松塚・上野、大字南畑字焼分より石堂・木床

面積:95ha
(googlemapからの自動計算 90.9m)

三瓶山

所在地:島根県大田市 > 三瓶町小屋原

面積:33ha(西の原全体60haのうち火入れ区の面積。三瓶山周辺の草地面積は、1900年頃には 2,400haであったが,1950年頃には
1,250haに,2000年代には 300haに減少した。)

三瓶山の山麓には、西の原、東の原、北の原と呼ばれる草原があり、広々とした風景や牧歌的な景観を楽しむことができる。


毎年3月には西の原で火入れが行われ、三瓶山に春を告げる風物詩となっている。

久住高原

所在地:大分県竹田市 > 久住町竹田・奥豊後(野焼きは稲葉牧野組合、沢水、ホテルレゾネイト、久住高原ゴルフクラブなど)

面積:736ha

大野ヶ原高原

所在地:愛媛県伊予市 > 野村町

面積:740ha

日本三大カルストのひとつである四国カルストの西部にあたり、標高は1,000〜1,400m。周囲にこれより高い山がないので眺望がよい。


四国カルストは西から大野ヶ原(愛媛県伊予市)、姫鶴平(愛媛県久万高原町)、五段高原(愛媛県久万高原町と高知県檮原町・津野町)、天狗高原(高知県津野町)と連なる。南側の源氏ヶ駄場も大野ヶ原高原に含み、ここにはホルスタインなど乳牛が放牧されている。


1907年、大野ヶ原一帯が陸軍大砲実弾射撃大練兵場に指定され、第二次世界大戦中は軍用馬の放牧場として使われた。戦後には開拓地となったが、土壌が酸性のうえ豪雪地帯でもあったので農地に適さず、放牧が盛んになった。四国カルストは以前、中国四国農政局 四国カルスト草地改良事業所による大規模草地造成事業が行われたため、牧草地でない半自然草原が残っているか確認が必要である。


伊予市最後(愛媛県最後であった可能性も)の茅葺き職人浅野頼光さんが2014年に亡くなり、この地方の茅葺き技術は途絶えた。大野ヶ原の茅が使われた野村町平野地区にある「松の窪堂」は、市内の材料で市内の職人が葺いた最後の茅葺屋根となった。それ以降は高知県の職人に依頼している。


1997年に野村町の市指定文化財「土居家」の葺き替えをした際は、「一人一束運動」と称して1万5000束を住民の手で3年がかりで集めた。

由布岳

所在地:大分県由布市

面積:100ha以上

野方草原

所在地:長崎県佐世保市 > 宇久町野方(船ノ浦、牧崎、大阪、長瀬)

面積:35ha
(googlemapからの自動計算 6.3m)

以下佐世保市レッドリスト2013「保全することが望ましい地域」より抜粋。


『崖地にはミサゴとハヤブサの繁殖地があり、草原にはヒゴタイやノヒメユリ等の草原性植物が多い。』