九州地方

日本の草原データベースとは・・・

全国草原再生ネットワークでは、日本各地の草原のデータベース化を進めています。
現在、情報は主に以下の方法で集めています。
 ・保全団体、個人からの情報提供
 ・エクスカーション(現地見学)による現地の確認
 ・アンケートによる実態の把握
 ・インターネット検索
なるべく多くの日本の草原を、実際に目や耳で確認し、より確実な情報の整備を進めていきたいと考えております。しかしながら、数多くの草原に対してスタッフは限られているのが現状です。そのため現在のデータベースはインターネット上の情報に頼っているところが多く、情報の確実性については一部保証できない草原もあります。ご了承の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 また、より充実したデータベースとするため、皆様からの情報をお待ちしております。
情報に不足や間違いがございましたら、事務局までご一報お願いいたします。

A.検索条件を指定する

画面右側の「都道府県から見る」よりご指定ください。

B.地図から調べる




地図 読込み中・・・しばらくお待ちください

より大きな地図で 日本の半自然草原マップ を表示

[凡例]
dry 乾性草地:ススキやカリヤス、チガヤといった植物が生育する草地
wet 湿性草地:ヨシやオギといった植物が生育する草地
mow 採草により、草地の利用や管理が行われている。
graze 放牧により、草地の利用や管理が行われている。
fire 火入れ(野焼き・山焼き)により、草地の管理が行われている。
various その他の管理や利用が行われている。  例:山菜採取、生物多様性保全等
midori ※情報整理中、または情報不足です。

平原草原

所在地:長崎県佐世保市 > 宇久町本飯良(五量田、下五量田、吹出ノ辻、外)

面積:18ha
(googlemapからの自動計算 23.5m)

以下佐世保市レッドリスト2013「保全することが望ましい地域」より抜粋。


『草原性植物の他にハンゲショウやスナビキソウが生育。秋期にはマミジロタヒバリが渡来する。ウラギンスジヒョウモン・クロツバメシジミの生息地。湿地部分にはコフキヒメイトトンボが生息しイヌタヌキモ・イチョウウキゴケが生育する。』

田野高原

所在地:熊本県人吉市 > 田野町字萩ノ尾

面積:35ha

飯田高原

所在地:大分県九重町 > 大字田野(野焼きは泉水山、一目山、大将軍山、豊後渡など)

面積:10〜50ha

霧島演習場

所在地:鹿児島県湧水町

面積:740ha

神浦草原

所在地:長崎県佐世保市 > 宇久町神浦(平子、五代畑)

面積:8.9ha
(googlemapからの自動計算 7.4m)

阿蘇_阿蘇市

所在地:熊本県阿蘇市

面積:1,600ha(阿蘇全体で)

タデ原湿原

所在地:大分県九重町 > 大字田野

面積:38ha
(googlemapからの自動計算 40.4m)

九重火山群の山岳地域に形成された標高1,230m~1,270m の中間湿原。山岳地域に形成された中間湿原としては、国内最大級の面積を有し、多様な地質・地形を反映した植生分布となっており、我が国を代表する湿地のタイプである。


隣接のビジターセンターがある長者原(ちょうじゃばる)は飯田高原の中心地一帯の地名。

野尻野高原

所在地:鹿児島県南大隅町

面積:

大場町の草原

所在地:長崎県諫早市 > 大場町(片木、瀬々田、岩屋口)

面積:17.7ha(3箇所のうち最大の岩屋口集落の草原は11.3ha)

阿蘇_南小国町

所在地:熊本県南小国町

面積:

日出生台演習場

所在地:大分県玖珠町

面積:

東崎_与那国町

所在地:沖縄県与那国町

面積:

平尾台

所在地:福岡県北九州市

面積:330ha

川内峠

所在地:長崎県平戸市 > 平戸市大野

面積:30ha

玄武岩の溶岩台地の山で、野焼きによるススキ、メガルカヤなどの草原が広がり、眼下に玄界灘や北九十九島を望める。

阿蘇_小国町

所在地:熊本県小国町

面積:100ha以上

伐株山

所在地:大分県玖珠町

面積:5.7ha
(googlemapからの自動計算 5.9m)

筑後川葦の杜公園

所在地:福岡県久留米市

面積:

山頭草原

所在地:長崎県平戸市 > 生月町南免字山頭3164-1他

面積:4.5ha

阿蘇_産山村

所在地:熊本県産山村

面積:1,300ha

鏡山

所在地:宮崎県延岡市

面積: