近畿地方

日本の草原データベースとは・・・

全国草原再生ネットワークでは、日本各地の草原のデータベース化を進めています。
現在、情報は主に以下の方法で集めています。
 ・保全団体、個人からの情報提供
 ・エクスカーション(現地見学)による現地の確認
 ・アンケートによる実態の把握
 ・インターネット検索
なるべく多くの日本の草原を、実際に目や耳で確認し、より確実な情報の整備を進めていきたいと考えております。しかしながら、数多くの草原に対してスタッフは限られているのが現状です。そのため現在のデータベースはインターネット上の情報に頼っているところが多く、情報の確実性については一部保証できない草原もあります。ご了承の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 また、より充実したデータベースとするため、皆様からの情報をお待ちしております。
情報に不足や間違いがございましたら、事務局までご一報お願いいたします。

A.検索条件を指定する

画面右側の「都道府県から見る」よりご指定ください。

B.地図から調べる




地図 読込み中・・・しばらくお待ちください

より大きな地図で 日本の半自然草原マップ を表示

[凡例]
dry 乾性草地:ススキやカリヤス、チガヤといった植物が生育する草地
wet 湿性草地:ヨシやオギといった植物が生育する草地
mow 採草により、草地の利用や管理が行われている。
graze 放牧により、草地の利用や管理が行われている。
fire 火入れ(野焼き・山焼き)により、草地の管理が行われている。
various その他の管理や利用が行われている。  例:山菜採取、生物多様性保全等
midori ※情報整理中、または情報不足です。

西の湖のヨシ原_近江八幡市安土町常楽寺

所在地:滋賀県近江八幡市 > 安土町常楽寺

面積:7.3ha(ふるさと文化財の森指定面積)

北之庄沢のヨシ原

所在地:滋賀県近江八幡市 > 北之庄町

面積:8ha

北之庄は、滋賀県近江八幡市の八幡山(鶴翼山)北東部に位置し、古くから琵琶湖に繋がる水郷地帯。


隣接する「西の湖(内湖)」一帯は、日本で第1号となる重要文化的景観に選定され、北之庄町は、第3次選定範囲として農地・里山等が選ばれている。


北之庄沢にはヨシ原が広がり、水郷めぐりなど観光利用もされている。1994〜2000年にヘドロ対策で浚渫されたあと、かつての美しさを取り戻そうと地元有志で「北之庄沢を守る会」が設立され、流入ゴミを毎週回収し、ヨシ刈りをするなどして景観を保っている。

西の湖のヨシ原_近江八幡市安土町下豊浦

所在地:滋賀県近江八幡市 > 安土町下豊浦 巴地先

面積:3ha

いなみ野台地

所在地:兵庫県稲美町

面積:

砥峰高原

所在地:兵庫県神河町 > 神崎郡神河町川上

面積:90ha

約90haと、西日本有数の広さを誇る草原。草原内に点在する湿原には希少な植物が見られる。


周氷河地形の一種「化石周氷河斜面」であるとされ、なだらかな起伏の斜面が続く。また、タタラ製鉄のための砂鉄採取の痕跡もいくつか観察できる。

新旭町琵琶湖畔のヨシ原

所在地:滋賀県高島市 > 新旭町針江地先

面積:2ha

ハチ高原

所在地:兵庫県香美町 > 鉢伏高原

面積:山焼き区38ha、オミナエシ植栽区0.5ha

鉢伏山麓に広がる高原。「鉢伏高原」と「ハチ高原」は同じ。


高丸山南斜面は火入れを行っている。


採集圧で激減したウスイロヒョウモンモドキの保護のため、2006年から高丸山の小代超え付近0.5haに鹿柵を設置し、オミナエシの苗1,000ポットを植栽して、草刈などの管理を行っている。


2014年、鹿の食害でオミナエシが壊滅的な被害を受け、ウスイロの固体確認数もゼロになってしまったが、2016年に4個体が確認された。依然危機的な状況にある。

椋川の茅場

所在地:滋賀県高島市 > 今津町椋川字尾條508番2

面積:0.5ha

椋川のECC学園の裏にある、65m×80mほどの斜面。滋賀県立大学の黒田教授を代表とする朽木フィールドステーションという取り組みで、椋川集落の茅葺き民家の修復のため、カヤダイラ(茅場)を復元しようとするものである。


元は鹿の食害で裸地になった部分で、地主の了解を得て2008年12月からススキやコナラを移植し、獣害ネットを張り巡らせた。2013年4月に20m×30mをトタンで囲って防火帯とし、火入実験を行った。


昭和30年代後半を最後に椋川での山焼きは途絶えている。以前は4月中旬に、山に一斉に火を入れて、茅場やホトラ(牛の餌や肥料のため草や木の芽を刈り取ったものでカリボシとも言う)山を管理していた。

上山高原

所在地:兵庫県新温泉町

面積:

上山高原は新温泉町の南端に位置する扇ノ山(1310m)の山麓に広がる高原。かつては周辺集落の入会地として利用され、採草や火入れが行われていたが、昭和30年代頃から利用されなくなりササ群落や落葉広葉樹林への植生遷移や植林地への転換が進んでいた。


その後、ススキ草原の再生や植林地の落葉樹林への転換を内容とする自然再生が特定非営利活動法人上山高原エコミュージアムを中心に2002年から実施され、高原の価値が再び見直されている。自然再生の取り組みと同時に、自然観察やトレッキングのフィールドとしても活用されている。

宇治川のヨシ原

所在地:京都府京都市 > 伏見区

面積:

若草山

所在地:奈良県奈良市 > 奈良市春日野町157外

面積:

木津川流域_城陽市

所在地:京都府城陽市

面積:

曽爾高原

所在地:奈良県曽爾村 > 大字今井

面積:36.5ha

木津川流域_京田辺市

所在地:京都府京田辺市

面積:

生石高原

所在地:和歌山県紀美野町 > 中田

面積:9.3ha(火入面積)
(googlemapからの自動計算 34.5m)

砂木集落の茅場

所在地:京都府南丹市

面積:

潮岬

所在地:和歌山県串本町 > 潮岬2865-1, 2866, 2705, 2706

面積:

淀川十三干潟

所在地:大阪府大阪市

面積:

淀川鵜殿のヨシ原

所在地:大阪府高槻市 > 鵜殿・上牧

面積:75ha

岩湧山

所在地:大阪府河内長野市 > 滝畑

面積:8ha
(googlemapからの自動計算 7.6m)

山頂には「梅ノ木永久索道」の遺構がある。これは刈った茅を滝畑ダムの湖畔までおろしていた運搬用リフトで、茅場保全のための林道が整備された後は使われなくなった。