長崎県

日本の草原データベースとは・・・

全国草原再生ネットワークでは、日本各地の草原のデータベース化を進めています。
現在、情報は主に以下の方法で集めています。
 ・保全団体、個人からの情報提供
 ・エクスカーション(現地見学)による現地の確認
 ・アンケートによる実態の把握
 ・インターネット検索
なるべく多くの日本の草原を、実際に目や耳で確認し、より確実な情報の整備を進めていきたいと考えております。しかしながら、数多くの草原に対してスタッフは限られているのが現状です。そのため現在のデータベースはインターネット上の情報に頼っているところが多く、情報の確実性については一部保証できない草原もあります。ご了承の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 また、より充実したデータベースとするため、皆様からの情報をお待ちしております。
情報に不足や間違いがございましたら、事務局までご一報お願いいたします。

A.検索条件を指定する

画面右側の「都道府県から見る」よりご指定ください。

B.地図から調べる




地図 読込み中・・・しばらくお待ちください

より大きな地図で 日本の半自然草原マップ を表示

[凡例]
dry 乾性草地:ススキやカリヤス、チガヤといった植物が生育する草地
wet 湿性草地:ヨシやオギといった植物が生育する草地
mow 採草により、草地の利用や管理が行われている。
graze 放牧により、草地の利用や管理が行われている。
fire 火入れ(野焼き・山焼き)により、草地の管理が行われている。
various その他の管理や利用が行われている。  例:山菜採取、生物多様性保全等
midori ※情報整理中、または情報不足です。

大場町の草原

所在地:長崎県諫早市 > 大場町(片木、瀬々田、岩屋口)

面積:17.7ha(3箇所のうち最大の岩屋口集落の草原は11.3ha)

川内峠

所在地:長崎県平戸市 > 平戸市大野

面積:30ha

玄武岩の溶岩台地の山で、野焼きによるススキ、メガルカヤなどの草原が広がり、眼下に玄界灘や北九十九島を望める。

山頭草原

所在地:長崎県平戸市 > 生月町南免字山頭3164-1他

面積:4.5ha

佐志岳

所在地:長崎県平戸市 > 大佐志町佐志岳

面積:1〜10ha

輝石安山岩の丸い溶岩円頂丘の山で、南東側は野焼きによって草原が維持され、イトラッキョウ、ダンギク、ヒナヒゴタイなどの貴重な植物を手軽に観察できる。

上段の野

所在地:長崎県平戸市 > 小田町(平戸浜岳ともいう)

面積:10〜50ha

平戸島の南部に位置し、標高約190mのなだらかな山に広がる、メガルカヤの草原。


県で希少な野生動植物が生息生育する里地里山のうち、特に重要な地域として「長崎県重要里地里山」に選定されている。野焼きによって良好な草原環境が保たれており、ムラサキセンブリやフナバラソウなど、多くの希少植物が生育している。

中瀬草原

所在地:長崎県平戸市 > 田平町大久保免

面積:2ha
(googlemapからの自動計算 2.5m)

千俵蒔山

所在地:長崎県対馬市 > 馬市上県町佐護区

面積:106ha

対馬の北部に位置する、饅頭を伏せたような曲線的な山の山頂に広がる草原環境である。


1970年頃までは牛馬の飼料採取のために山焼きが行われていた地域であり、ヒゴタイやアケボノスミレをはじめ、草原性の希少植物が多数生育している。


2008年より集落行事である野焼きを復活させ、ツシマヤマネコのえさ場環境として重要な草原環境が再生・維持されている。

こしき岩

所在地:長崎県長崎市 > 田手原町こしき岩

面積:

市街地の東部に位置し、標高約370mの里山林と草原が残されている。


市街地近郊に位置しながら、県で希少な野生動植物が生息生育する里地里山のうち、特に重要な地域として「長崎県重要里地里山」に選定されており、良好な草地環境が維持されている。ツマグロキチョウやイヌハギなど草原性の希少な動植物の生息・生育が確認されている。

小牧崎

所在地:長崎県壱岐市

面積:

開作の草原

所在地:長崎県佐世保市 > 世知原町開作

面積:1〜10ha

以下佐世保市レッドリスト2013「保全することが望ましい地域」より抜粋。


『市内で唯一のヒメヒゴタイ・オグルマの生育地で、オミナエシ・カワラナデシコ・ウラジロヤナギアザミも多い。草原性の希少昆虫類ではシロヘリツチカメムシ・タイワンツバメシジミも生息し、甲虫類のジュウシホシツツハムシ・クロヒメツツハムシなどは県北でも多産する場所として保全したい。』

鬼岳

所在地:長崎県五島市 > 上大津町2873ー第1 他

面積:
(googlemapからの自動計算 71.4m)

明星鼻

所在地:長崎県佐世保市 > 小佐々町岳ノ木場

面積:

田代原

所在地:長崎県雲仙市 > 千々石町小ヶ倉名千々石温泉岳国有林118

面積:1〜10ha

江戸時代から終戦までは馬、戦後は牛を放牧していた。フン虫も生息。


近年の放牧頭数減少に伴い群落も減少している。現在、被圧木の除去により群落を再生中。

船ノ村の草原

所在地:長崎県佐世保市 > 鹿町町

面積:

雲仙ミヤマキリシマ群落_池ノ原

所在地:長崎県雲仙市 > 小浜町(仁田峠、池ノ原、宝原)

面積:

野方草原

所在地:長崎県佐世保市 > 宇久町野方(船ノ浦、牧崎、大阪、長瀬)

面積:35ha
(googlemapからの自動計算 6.3m)

以下佐世保市レッドリスト2013「保全することが望ましい地域」より抜粋。


『崖地にはミサゴとハヤブサの繁殖地があり、草原にはヒゴタイやノヒメユリ等の草原性植物が多い。』

大野原演習場

所在地:長崎県東彼杵町 > ※佐賀県嬉野町も

面積:600ha(嬉野町と合わせて)

木場草原

所在地:長崎県佐世保市 > 宇久町木場(阿母作、大坪、後方、名切寛、三反間)

面積:10ha
(googlemapからの自動計算 15m)

斑島の草原

所在地:長崎県小値賀町 > 斑島郷

面積:6ha

大久保草原

所在地:長崎県佐世保市 > 宇久町大久保(大首、餅ノ木、道田、二反間、五反間、藤畑、ヒチカエ、外)

面積:35ha
(googlemapからの自動計算 10m)

以下佐世保市レッドリスト2013「保全することが望ましい地域」より抜粋。


『宇久島の草原に共通するのは海に接していることであり、本土側とは異なった草原性植物が見られる。特に、ゲンカイミミナグサ・ナンテンハギ・ヒメケフシグロは市内で唯一の生育地である。また、希少植物のヒゴタイ(大陸遺存種)やムジナノカミソリ近似種の生育地でもある。』