関東地方

日本の草原データベースとは・・・

全国草原再生ネットワークでは、日本各地の草原のデータベース化を進めています。
現在、情報は主に以下の方法で集めています。
 ・保全団体、個人からの情報提供
 ・エクスカーション(現地見学)による現地の確認
 ・アンケートによる実態の把握
 ・インターネット検索
なるべく多くの日本の草原を、実際に目や耳で確認し、より確実な情報の整備を進めていきたいと考えております。しかしながら、数多くの草原に対してスタッフは限られているのが現状です。そのため現在のデータベースはインターネット上の情報に頼っているところが多く、情報の確実性については一部保証できない草原もあります。ご了承の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 また、より充実したデータベースとするため、皆様からの情報をお待ちしております。
情報に不足や間違いがございましたら、事務局までご一報お願いいたします。

A.検索条件を指定する

画面右側の「都道府県から見る」よりご指定ください。

B.地図から調べる




地図 読込み中・・・しばらくお待ちください

より大きな地図で 日本の半自然草原マップ を表示

[凡例]
dry 乾性草地:ススキやカリヤス、チガヤといった植物が生育する草地
wet 湿性草地:ヨシやオギといった植物が生育する草地
mow 採草により、草地の利用や管理が行われている。
graze 放牧により、草地の利用や管理が行われている。
fire 火入れ(野焼き・山焼き)により、草地の管理が行われている。
various その他の管理や利用が行われている。  例:山菜採取、生物多様性保全等
midori ※情報整理中、または情報不足です。

浅間山麓_長野原町

所在地:群馬県長野原町

面積:
(googlemapからの自動計算 2m)

湯の丸高原

所在地:群馬県嬬恋村 > 田代

面積:272ha(天然記念物レンゲツツジ群落の面積)

高峰高原

所在地:群馬県嬬恋村

面積:

車坂峠を中心とした標高約2,000mのなだらかな高原。高原の中央にはスキー場「アサマ2000パーク」が広がり、夏には多様な花が咲く。

上ノ原

所在地:群馬県みなかみ町 > 上ノ原

面積:21ha(1年に焼くのは2ha程)
(googlemapからの自動計算 8m)

上ノ原は、かつての茅場(ススキ草原11ha)と薪炭林(ミズナラ林10ha)からなる元入会地(21ha)。これを2013年、森林塾青水(せいすい)がみなかみ町から借り受け、40年ぶりに火入れを再開するなど再生に努めている。


昔は200haの広大な茅場で、牛馬の飼料や屋根材や堆肥として活用されていたが、1960年を最後に地元での葺き替えも行われなくなり、1980年にはゴルフ場がオープンし草原面積は激減した。

渡良瀬遊水地_板倉町

所在地:群馬県板倉町 > 海老瀬付近

面積:(遊水地全体3300haのうち栃木県(栃木市、野木町、板倉町)で9割)
(googlemapからの自動計算 43.1m)

渡良瀬遊水地は1930年、足尾鉱毒事件の鉱毒を沈殿し無害化するため、渡良瀬川下流に造成された約33km2の巨大な遊水地である。


栃木県(栃木市、小山市、下都賀郡野木町)、群馬県(邑楽郡板倉町)、埼玉県(加須市)、茨城県(古河市)の4県にまたがるが、その面積のほとんどを栃木市が占めている。


今もヨシズ生産が行われており、生産農家らが毎年ヨシ焼きを行う。野鳥や希少な植物も多く観察される。2012年、ラムサール条約登録湿地となった。

渡良瀬遊水地_古河市

所在地:茨城県古河市

面積:100ha(遊水地全体3300haのうち)
(googlemapからの自動計算 8.1m)

渡良瀬遊水地は1930年、足尾鉱毒事件の鉱毒を沈殿し無害化するため、渡良瀬川下流に造成された約33km2の巨大な遊水地である。


栃木県(栃木市、小山市、下都賀郡野木町)、群馬県(邑楽郡板倉町)、埼玉県(加須市)、茨城県(古河市)の4県にまたがるが、その面積のほとんどを栃木市が占めている。


今もヨシズ生産が行われており、生産農家らが毎年ヨシ焼きを行う。野鳥や希少な植物も多く観察される。2012年、ラムサール条約登録湿地となった。

田島ケ原サクラソウ自生地

所在地:埼玉県さいたま市 > 桜区大字西堀ほか

面積:4.12ha(2ヶ所の合計)

田島ケ原サクラソウ自生地は、サクラソウ自生地として唯一の国指定特別天然記念物で、桜草公園の中心にある。


他の荒川流域のサクラソウ自生地がほぼ消失してしまった現在では、大変貴重な存在である。江戸時代から変異に富むサクラソウで知られ、古典園芸植物としての多くの品種がこの地から生まれたと言われる。


約100万株のサクラソウをはじめ、約250種の植物が自生し季節を通して楽しめる。


牛久沼のヨシ原

所在地:茨城県龍ケ崎市

面積:

荒川大麻生公園

所在地:埼玉県熊谷市 > 大麻生、広瀬、川原明戸、押切、樋春 地内

面積:4ha(公園全体166.7haのうち野草の広場の面積)

荒川大麻生公園は荒川中流左岸(北側)の河川敷、熊谷市にある県営公園。公園全域で約170ha、その約半分は県内でも有数の野鳥の渡来地となっている「野鳥の森」や、河原特有の草花が咲き誇る「野草の広場」が広がっている。


「野鳥の森」では年間を通じて100種類以上の野鳥を観察できる。また、「野草の広場」では春から秋にかけて河原特有の希少な植物を観察することができる。中でも特にカワラナデシコの保全を目的として火入れなどの管理が行われている。ここはカワラナデシコ育生地と設定され、外来植物の抜き取りや、カワラナデシコの種子採取および植栽が行われている。

菅生沼

所在地:茨城県常総市

面積:4ha

渡良瀬遊水地_加須市

所在地:埼玉県加須市 > 小野袋地内

面積:80ha(遊水地全体3300haのうち)
(googlemapからの自動計算 36.1m)

渡良瀬遊水地は1930年、足尾鉱毒事件の鉱毒を沈殿し無害化するため、渡良瀬川下流に造成された約33km2の巨大な遊水地である。


栃木県(栃木市、小山市、下都賀郡野木町)、群馬県(邑楽郡板倉町)、埼玉県(加須市)、茨城県(古河市)の4県にまたがるが、その面積のほとんどを栃木市が占めている。


今もヨシズ生産が行われており、生産農家らが毎年ヨシ焼きを行う。野鳥や希少な植物も多く観察される。2012年、ラムサール条約登録湿地となった。

小貝川河川敷

所在地:茨城県常総市

面積:

浮野の里のヨシ原

所在地:埼玉県加須市 > 多門寺、北篠崎 地内

面積:8ha(周辺全体125haのうち火入れ地の範囲)

浮野の里は、新田開発の名残をとどめる田堀、ヨシ原(ちりじ野)、クヌギ並木、屋敷林などの貴重な自然や歴史的環境が残る地域。地域内には、氷河期に形成された地下谷の上に浮かぶ湿原「浮野」がある。


県指定天然記念物「トキソウ」の自生地。

高エネルギー加速器研究機構内の茅場

所在地:茨城県つくば市

面積:

黒浜沼_蓮田市

所在地:埼玉県蓮田市 > 黒浜

面積:7.32ha

黒浜沼は上沼と下沼からなる。沼特有の水生植物や昆虫類、120種に及ぶ鳥類が観察され、釣りスポットとしても人気。


さいたま緑のトラスト保全地に選定されたことを受け、2007年にヨシの刈り倒しとヨシ焼きを開始した。


霞ヶ浦

所在地:茨城県美浦村 > 妙岐の鼻(浮島湿原)

面積:
(googlemapからの自動計算 46.4m)

成東・東金食虫植物群落_東金市

所在地:千葉県東金市

面積:

渡良瀬遊水地_栃木市

所在地:栃木県栃木市 > 藤岡町内野ほか

面積:2380ha(遊水地全体3300haのうち栃木県(栃木市、野木町、板倉町)で9割。野焼きは1500ha)
(googlemapからの自動計算 2010m)

渡良瀬遊水地は1930年、足尾鉱毒事件の鉱毒を沈殿し無害化するため、渡良瀬川下流に造成された約33km2の巨大な遊水地である。


栃木県(栃木市、小山市、下都賀郡野木町)、群馬県(邑楽郡板倉町)、埼玉県(加須市)、茨城県(古河市)の4県にまたがるが、その面積のほとんどを栃木市が占めている。


今もヨシズ生産が行われており、生産農家らが毎年ヨシ焼きを行う。野鳥や希少な植物も多く観察される。2012年、ラムサール条約登録湿地となった。

手賀沼のヨシ原

所在地:千葉県我孫子市

面積:

千葉県北部、柏市、我孫子市、白井市、印西市にまたがる利根川水系の湖沼。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼である。


1955年ごろまでは、江戸時代から続くフナやうなぎなどの名産地だったが、都市化に伴って全国でも有数の水質汚濁度となった。2001年度まで27年間連続で化学的酸素要求量 (COD) の全国ワースト1だったが、導水路の完成で希釈されるなどして多少改善した。


今も水質改善への取り組みに関心が高く、ヨシの植栽事業などが行われてきたが、近年ヨシ焼きが行われなくなり、堆積と火災が問題化している。

土呂部茅場

所在地:栃木県日光市 > 土呂部地内

面積:4.93ha(昭和30年代に24haあった牛の採草地が2013年に6haに減少。そのうち4.93haを日光茅ボッチの会が保全している。)

栃木県内でまとまった面積を持つ唯一の半自然草原とされている。県内では土呂部でしか見られない植物もあり、県レッドデータでも多様性に富んだこの草原環境の保全が提唱されているほか、環境省による絶滅危惧植物の遺伝子保存のための種子採取対象地にもなっている。


江戸時代から冬期の牛馬の飼料・敷き草として茅を利用してきたとされるが、頭数の激減によって草地が縮小した。2013年から日光茅ボッチの会による保全活動が行われ、カッパ(茅場)に茅ボッチが積まれた風景が復活した。昔は近隣の今市地域や三依地区などにも茅ボッチが見られたという。