鳥取県

日本の草原データベースとは・・・

全国草原再生ネットワークでは、日本各地の草原のデータベース化を進めています。
現在、情報は主に以下の方法で集めています。
 ・保全団体、個人からの情報提供
 ・エクスカーション(現地見学)による現地の確認
 ・アンケートによる実態の把握
 ・インターネット検索
なるべく多くの日本の草原を、実際に目や耳で確認し、より確実な情報の整備を進めていきたいと考えております。しかしながら、数多くの草原に対してスタッフは限られているのが現状です。そのため現在のデータベースはインターネット上の情報に頼っているところが多く、情報の確実性については一部保証できない草原もあります。ご了承の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 また、より充実したデータベースとするため、皆様からの情報をお待ちしております。
情報に不足や間違いがございましたら、事務局までご一報お願いいたします。

A.検索条件を指定する

画面右側の「都道府県から見る」よりご指定ください。

B.地図から調べる




地図 読込み中・・・しばらくお待ちください

より大きな地図で 日本の半自然草原マップ を表示

[凡例]
dry 乾性草地:ススキやカリヤス、チガヤといった植物が生育する草地
wet 湿性草地:ヨシやオギといった植物が生育する草地
mow 採草により、草地の利用や管理が行われている。
graze 放牧により、草地の利用や管理が行われている。
fire 火入れ(野焼き・山焼き)により、草地の管理が行われている。
various その他の管理や利用が行われている。  例:山菜採取、生物多様性保全等
midori ※情報整理中、または情報不足です。

香取地区,清水原

所在地:鳥取県大山町

面積:

枡水高原

所在地:鳥取県伯耆町

面積:

鏡ヶ成高原,瓜菜沢牧野

所在地:鳥取県江府町

面積:

三原台

所在地:鳥取県鳥取市

面積:100ha

岡山県との県境にある三原山の標高800mの台地に広がる、100haのススキ草原である。


ウスイロヒョウモンモドキの保護地として管理されていることから、良好な草原環境が維持されており、ツツドリ、カッコウ、ヨタカなど里地里山に特徴的な鳥類も確認されている。

河合谷高原

所在地:鳥取県鳥取市

面積:

扇ノ山の玄武岩や安山岩の溶岩が、形成した谷埋め状の台地。高原は広いエリアの名称で、明治時代にはじまる河合谷高原放牧場(野草地はない)、昭和50年代にブナ林を開墾して作られた広大な大根畑などがある。放棄された大根畑をブナ林に戻そうという動きがある。


一帯は自然公園として整備され、登山ルートも通る。山スキー、山菜採りなども楽しめる。

米子水鳥公園

所在地:鳥取県米子市 > 彦名新田665

面積:10ha(約)

若杉山

所在地:鳥取県三朝町 > 大字大谷

面積:50〜100ha

船上山

所在地:鳥取県琴浦町 > 大字山川

面積:17ha