草原用語

草原関連の用語を収集・整理し、検索できるようにしています。

野焼き :のやき

主に冬から春にかけて行われる、草原に火を放って地上部を焼き払う行為。植生の遷移(森林化)を断ち切り、人為的に草原の状態に留める役割がある。これにより健やかな芽吹きを促すとも、畜産に有害なダニを駆除するとも言われている。

 :は

茅の単位の一つ。一抱えで集めることのできる量を一把とする。

火入れ :ひいれ

主に冬から春にかけて行われる、草原に火を放って地上部を焼き払う行為。植生の遷移(森林化)を断ち切り、人為的に草原の状態に留める役割がある。これにより健やかな芽吹きを促すとも、畜産に有害なダニを駆除するとも言われている。

火入れ条例 :ひいれじょうれい

各市町村長が森林法に基づいて、火入れの許可を行う場合の手続きや許可の要件を定めたもの。

火打ち縄 :ひうちなわ

火消し :ひけし

火入れ時に、火消し棒を使って、残り火などを叩き消していく作業のこと。また、その役割の人のこと。

火消し棒 :ひけしぼう

火を叩き消すための箒状の道具。竹の先を割り広げてカズラを編み込んだものなど。常緑樹の青葉がついた枝をそのまま使う場合もあり、主にスギやヒノキが利用されるが、地方によってはアセビやヤマツバキなどの他の常緑樹が使われることもある。藁などを巻きつけた上で、水につけて用いる地域もある。

ニュウ :にゅう

刈り取った草を、保管を目的として小高く積み上げたもの。主に飛騨地方の方言。

動力噴霧器 :どうりょくふんむき

ポンプにより圧力をかけた水を霧状に散布する器械。一般には、農薬散布のための機械であるが、火入れの消火に用いる。大量の水を広い範囲に散布することが可能であるため、火入れの事故防止に高い効果があるが、運搬に軽4輪トラックなどが必要であるため、導入できる箇所はある程度限られている。略称「動噴(どうふん)」

飛び火 :とびひ

火事などの時に火の粉が飛び、離れた所が新たに燃え出すこと。火入れにおいては、火のついた枯れ草等が気流に乗って防火帯を超えて着地し、周辺の草原や林地などに火が広がっていくこと。

難燃性作業服 :なんねんせいさぎょうふく

火入れの際に着用する、火がつきにくい素材でできた作業服。近年、化学繊維でできた燃えやすい素材の衣類が増えたため、火入れ作業においては衣類の選び方に注意が必要である。

ニゴ :にご

牛馬の飼料にするため、採草地で様々な野草を刈り、積んで作った干し草山。主に木曽地方の方言。

背負い式消火水のう :せおいしきしょうかすいのう

消防車などが入れない急傾斜地や林野において用いる背負式の噴霧器。一度に20リットルほどの水を携帯することができる。

 :そく

茅の単位の一つ。ひとたば。人が抱え込める量程度の茅束が一束。おおむね3把程度を寄せて一束となるが、その単位の換算は茅の種類や各地域、生産地における生育条件によって異なるようである。

 :だ

茅の単位の一つ。使役牛や馬が一度に背負える量程度の茅束が1駄。おおむね6束を集めて1駄となるが、その単位の換算は茅の種類や各地域、生産地における生育条件によって異なるようである。

差し茅 :さしがや

茅葺きの傷んだ箇所に新しい茅を差し込んで補修すること。また、補修のために差し込む茅のこと。

ジェットシューター :じぇっとしゅーたー

消防車などが入れない急傾斜地や林野において用いる背負式の噴霧器。一度に20リットルほどの水を携帯することができる。なお、ジェットシューターは芦森工業株式会社から販売されている商品の名称で、一般名称は「背負い式消火水のう」である。同商品が広く流通していることから、一般的な名称として使われることが多い。他、アキレス株式会社から販売されているファイアーハンターがある。

コエグロ :こえぐろ

刈り取った草を、保管を目的として小高く積み上げたもの。草グロや、単にグロとも呼ぶ。主に四国地方の方言。

小まるき :こまるき

茅葺きにおいて、茅の束を束ね直すこと。

草泊まり :くさどまり

ススキなどの草で作った簡易の野営小屋。昔、集落から離れた採草地で何日にも渡って草刈りをする際、集落との往復の手間を省くために使われた。阿蘇地方では、草原を利用してきた文化、歴史を学ぶため、草泊まりを作る体験授業などが行われている。