あか牛:あかうし Japanese Brown Cattle

褐色和種。肉用の品種の一つで、褐色の毛が特徴である。主な産地として、熊本、高知が知られている。おとなしい性格で、飼育しやすいである。 【関連語】和牛

word_akaushi

入会権:いりあいけん rights of common

地域の共同体の住民が、一定のルールに基づいて地域の山林原野を共有資産として利用する慣行のこと。葺き材や飼料・肥料としての草資源採取、放牧権、山菜やキノコ採取などがされる。民法に示された慣行的な物権(物を支配する権利)のひとつ。

No Image

牛道:うしみち cattle trail, cattle track

急斜面の牧野において、が等高線状に繰り返し歩くことによってできた縞状の道のこと。

word_ushimichi

エコツーリズム:えこつーりずむ ecotourism

ツーリズムとは広義には旅行のことであるが、特に「体験型の観光」のことを指す言葉と認識されつつある。エコツーリズムとは、ツーリズムのうち、地域の自然環境や文化などに触れ、当地の人々と交流し、体験し、考えるきっかけを作る旅行のあり方を指す言葉。ただし言葉の定義については、エコツーリズムの普及を図る各種団体によってやや異なり、特に決まった規格はない。 【関連語】グリーンツーリズム

No Image

越冬飼料:えっとうしりょう 

冬季、放牧ができない間に家畜に与える飼料のこと。

No Image

拡大造林:かくだいぞうりん 

昭和30~40年ごろに全国で展開された、スギ・ヒノキ等による造林を推進する国策。もともと森林であるところに用材林を植栽するためには、いったんそこに生育する樹木を伐採する必要があるが、草原にはそのまま植林が可能であることから、拡大造林により草原の植林地化が一斉に進んだ。草原が植林地化されやすかった理由として、丁度同時期に進められた入会権の解体も影響しているものと思われる。

No Image

刈敷:かりしき 

畦や入会地の草原などで刈り取った青草を、馬や人力で田畑に踏み込み肥料とするもの。 【関連語】緑肥草肥

No Image

金肥:きんぴ 

お金を出して購入する肥料のこと。 【類義語】購入肥料 【対義語】緑肥、自給肥料

No Image

草肥:くさひ 

植物をそのまま田畑にすき混んで肥料とするもの。 【類義語】緑肥 【関連語】刈敷

No Image

口開け:くちあけ 

採草や山菜採りなどの草地の利用が可能となる日時のこと。草地資源はかつての暮らしにおいて非常に重要であったことから、過度な利用によって草地を荒廃させることがしばしばあった。そこで、共同の土地である草地の利用の制限が、集落単位で厳格に定められていた。現在においても、北信越~東北地方で見られるわらび園では、山菜採りが行える日時を、例えば「口開けの日から、週3日間かつ午前中のみ」などと指定している。

No Image

グリーンツーリズム:ぐりーんつーりずむ green tourism

ツーリズムの項で述べたように、ツーリズムとは特に「体験型の観光」のことを指す言葉と認識されつつあるが、各種団体によってその定義はあいまいなところがあり、決まった規格はない。グリーンツーリズムとは、ツーリムの一つで、特に、農村・農業体験を核とし、滞在型・体験型の旅行のあり方のことをいう。 【類義語】アグリツーリズム 【関連語】エコツーリズム

No Image

黒毛和牛:くろげわぎゅう Japanese Black cattle

肉用の品種の一つで、黒毛が特徴である。

No Image

原野:げんや 

耕作の方法によらないで雑草、灌木類の生育する土地。日本では、土地利用の地目の一つとして用いることが多い。

No Image

穀物肥育牛肉:こくもつひいくぎゅうにく Grain-Fed Beef

No Image

採草:さいそう cutting,harvest

家畜の飼料や堆肥にするために草を刈り取ること。 【関連語】草肥,緑肥

No Image

サイレージ:さいれーじ silage

サイロ(農作物、穀物、飼料などを格納する倉庫のこと)で発酵させた飼料のこと。

No Image

山地酪農:やまちらくのう 

No Image

使役牛:しえきぎゅう 

代掻きや運搬などの労働に従事する馬。

No Image

敷草:しきくさ mulching

No Image

周年放牧:しゅうねんほうぼく yearlong grazing

一年を通して家畜を放牧すること。 【対義語】夏山冬里

No Image

終牧:しゅうぼく 

秋季~冬季に放牧を終えること。

No Image

出役:しゅつえき 

公役に労働力を出すこと。

No Image

世界農業遺産:せかいのうぎょういさん GIAHS: Globally Important Agricultural Heritage Systems

2002年、食料の安定確保を目指す国際組織「国際連合食糧農業機関」(FAO)によって開始されたプロジェクト。後世に残すべき生物多様性を保全している農業上の土地利用方式や景観を登録している。日本では、平成25年に「静岡の茶草場」「阿蘇草原の維持と持続的農業」の2地域が、草原に関係する世界農業遺産として認定された。

No Image

石塁:せきるい Stone wall

石を積み上げ、牧野の境界を示したもの。高く積まれるため、放牧される馬が乗り越えることを防ぐ。 【関連語】土塁

No Image

茶草場:ちゃくさば、ちゃぐさば Chagusaba

茶畑に近接する採草地のこと。茶草場で刈った草は茶畑の株元に敷くために使われる。2013年、国連食糧農業機関(FAO)は、世界的に重要な地域として「静岡の伝統的な茶草場農法」を世界重要農業遺産システム(世界農業遺産)に登録された。

No Image

直接支払制度:ちょくせつしはらいせいど 

No Image

電気柵:でんきさく electric fence

家畜や野生動物の越境を防ぐために、電気ショックを用いた柵。軸となるロープに細い電線を這わせ、そこに電流を流すことで、動物が触れた際に弱い電気ショックが起こる仕組みになっている。

No Image

土塁:どるい Earthworks?

土を積み上げ、牧野の境界を示したもの。高く積まれるため、放牧される馬が乗り越えることを防ぐ。 【関連語】石塁

No Image

夏山冬里:なつやまふゆさと winter housing system

の飼い方の一つ。夏は山に放牧し、冬は舎などの屋内で飼うスタイルのこと。 【対義語】周年放牧

No Image

バイオマスエネルギー:ばいおますえねるぎー biomass energy

No Image

繁殖農家:はんしょくのうか rancher

の生産農家の内、繁殖により生産した子を売る農家のこと。

No Image

肥育農家:ひいくのうか 

の生産農家の内、繁殖農家から購入したを肥育し、食用肉として販売する農家のこと。

No Image

日役:ひやく 

No Image

放牧:ほうぼく grazing, stoking

や山羊などの家畜を牧野に放すこと。

No Image

放牧圧:ほうぼくあつ grazing pressure

放牧によって放牧地が受ける圧力のこと。草地学では、特にそこにある餌(草量)あたりの放牧頭数のこと。

No Image

放牧地:ほうぼくち grazing land, pasture, grazed sward

No Image

牧柵:ぼくさく fence

家畜が逃げないように放牧地に設置された柵のこと。

No Image

牧草:ぼくそう herbage plant, pasture plant

家畜の餌となる草のこと。狭義には、栄養価の高い外来の草本を差し、これらを特に外来牧草ともいう。 【関連語】外来牧草

No Image

牧草飼育牛肉:ぼくそうしいくぎゅうにく Glass-Fed Beef

No Image

牧野:ぼくや range

家畜の放牧または飼料・敷料の採取に使われる土地。 【関連語】原野,牧野組合

No Image

牧野組合:ぼくやくみあい pastoral association

牧野を共有し利用・管理する、地域の畜産農家などからなる組合。 【関連語】牧野

No Image

牧養力:ぼくようりょく Carrying capacity, grazing capacity

放牧地の単位面積あたりに、どの程度の家畜を飼育できるかを示す力。 【関連語】環境収容力

No Image

秣:まぐさ 

馬などの家畜の飼料とする草。

No Image

緑肥:りょくひ 

植物をそのまま田畑にすき混んで肥料とするもの。 【類義語】草肥

No Image

林間放牧:りんかんほうぼく forest grazing

No Image

ワイズユース:わいずゆーす wise-use

No Image

和牛:わぎゅう Wagyu, Japanese cattle

明治以前から日本に存在した在来をもとに、外国産のと交配を重ねた肉食用ののこと。黒毛和種(黒毛和牛)、褐色和種(赤うし)、日本短角種(短角牛)、無角和種(無角和牛)の4品種がある。

No Image

わらび園:わらびえん 

積雪期の長い北信越~東北地方では、わらびをはじめとする春の山菜が重要な食料源であり、草原が山菜を収穫する場として入会により利用されてきた。現在では、入会による利用のほか、観光目的の山菜円として有料で開放されている場所がある。なお、採取に際しては地域ごとに採取に入ってよい期間、日、時間など、厳しいルールが定められていることが多く、過剰利用を防ぐ仕組みが受け継がれている。

No Image

?: 

様式(と寝食を共にする。

No Image

乾草:かんそう hay

通常の大気と同等の水分含有量まで乾燥した牧草のこと。

No Image