延焼:えんしょう 

火元を超えて周辺に火が燃え広がること。火入れにおいては、火のついた枯れ草等が気流に乗って防火帯を超えて着地し、周辺の草原や林地などに火が広がっていくこと。 【類義語】飛び火 【関連語】防火帯

No Image

ガンギ棒:がんぎぼう 

葺きのを揃えるための道具。ツチの一種。

No Image

草小積み:くさこづみ 

刈り取った草を、保管を目的として小高く積み上げたもの。主に阿蘇地方の方言。

No Image

草泊まり:くさどまり 

ススキなどの草で作った簡易の野営小屋。昔、集落から離れた採草地で何日にも渡って草刈りをする時、集落との往復の手間を省くために使われた。 【関連語】草小積み

No Image

恒久防火帯:こうきゅうぼうかたい 

防火帯をコンクリートなどで舗装し、作業道や周遊路にすると同時に、恒久的に可燃物となる植物が生えてこないようにしたもの。 【関連語】輪地,防火帯,火道

word_koukyuboukatai

小まるき:こまるき 

葺きにおいて、ね直すこと。

No Image

差し茅:さしがや 

葺きの傷んだ箇所に新しいを差し込んで補修すること。また、補修のために差し込むのこと。

No Image

ジェットシューター:じぇっとしゅーたー jet shooter

消防車などが入れない急傾斜地や林野において用いる背負式の噴霧器。一度に20リットルほどの水を携帯することができる。なお、ジェットシューターは芦森工業株式会社から販売されている商品の名称で、一般名称は「背負い式消火水のう」である。同商品が広く流通していることから、一般的な名称として使われることが多い。他、アキレス株式会社から販売されているファイアーハンターがある。 【類義語】背負い式消火のう 【関連語】動力噴霧器

word_jetshooter

束:そく 

の単位の一つ。ひとたば。人が抱え込める量程度のが一。おおむね3程度を寄せて一となるが、その単位の換算はの種類や各地域、生産地における生育条件によって異なるようである。

No Image

駄:だ 

の単位の一つ。使役や馬が一度に背負える量程度のが1。おおむね6を集めて1となるが、その単位の換算はの種類や各地域、生産地における生育条件によって異なるようである。

No Image

動力噴霧器:どうりょくふんむき Power sprayer

ポンプにより圧力をかけた水を霧状に散布する器械。一般には、農薬散布のための機械であるが、火入れの消火に用いる。大量の水を広い範囲に散布することが可能であるため、火入れの事故防止に高い効果があるが、運搬に軽4輪トラックなどが必要であるため、導入できる箇所はある程度限られている。略称「動噴(どうふん)」 【関連語】ジェットシューター

No Image

難燃性作業服:なんねんせいさぎょうふく 

火入れの際に着用する、火がつきにくい素材でできた作業服。近年、化学繊維でできた燃えやすい素材の衣類が増えたため、火入れ作業においては衣類の選び方に注意が必要である。

No Image

野焼き:のやき Controlled burn

主に冬から春にかけて行われる、草原に火を放って地上部を焼き払う行為。植生遷移(森林化)を断ち切り、人為的に草原の状態に留める役割がある。これにより健やかな芽吹きを促すとも、畜産に有害なダニを駆除するとも言われている。 【類義語】火入れ,山焼き

No Image

火入れ条例:ひいれじょうれい 

各市町村長が森林法に基づいて、火入れの許可を行う場合の手続きや許可の要件を定めたもの。

No Image

火入れ:ひいれ Controlled burn

主に冬から春にかけて行われる、草原に火を放って地上部を焼き払う行為。植生遷移(森林化)を断ち切り、人為的に草原の状態に留める役割がある。これにより健やかな芽吹きを促すとも、畜産に有害なダニを駆除するとも言われている。 【類義語】野焼き,山焼き

No Image

火打ち縄:ひうちなわ 

No Image

火消し棒:ひけしぼう Firefighter rod?

火を叩き消すための箒状の道具。竹の先を割り広げてカズラを編み込んだものなど。常緑樹の青葉がついた枝をそのまま使う場合もあり、主にスギやヒノキが利用されるが、地方によってはアセビやヤマツバキなどの他の常緑樹が使われることもある。藁などを巻きつけた上で、水につけて用いる地域もある。

No Image

火道:ひみち Firebreak

火入れの際、周囲への延焼を防止するため、あらかじめ草を刈り取り除去し可燃物を取り去った帯状のエリアのこと。通常は幅5m〜10m程度。火道という言葉は、主に秋吉台地方で使われている。 【類義語】防火帯,輪地 【関連語】火道切り

No Image

火道切り:ひみちきり making Firebreak?

火道防火帯)を作ること。秋吉台地方に独特の言葉。 【類義語】輪地切り 【関連語】防火帯,輪地,火道

No Image

防火帯:ぼうかたい Firebreak

火入れの際、周囲への延焼を防止するため、あらかじめ草を刈取り除去し可燃物を取り去った帯状のエリアのこと。通常は幅5m〜10m程度。 【類義語】輪地,火道

No Image

モーモー輪地切り:もーもーわちぎり 

輪地防火帯)を人の手で作る膨大な労力を軽減するために考案された手法で、輪地にする部分にを放ち草を食べさせることで可燃物を除去する。 【関連語】輪地,輪地切り,輪地焼き

No Image

屋根鋏:やねばさみ 

葺きの形を整えるために使われる鋏のこと。

word_yanebasami

山口型放牧:やまぐちがたほうぼく 

山口県で昭和60年代から始められた放牧様式。耕作放棄地を放牧地として活用することで、家畜の飼育コストを下げると共に、耕作放棄地の環境・景観管理を労力をかけずに行うことを目指した手法。家畜頭数に適した耕作放棄地の面積や家畜の訓練などの研究が行われている。

No Image

山焼き:やまやき Controlled burn

主に冬から春にかけて行われる、草原に火を放って地上部を焼き払う行為。植生遷移(森林化)を断ち切り、人為的に草原の状態に留める役割がある。これにより健やかな芽吹きを促すとも、畜産に有害なダニを駆除するとも言われている。類語の「火入れ」に比べ、山体全体が草地である場合にその山全体を焼く行為を指すことが多い。大室山焼き(静岡県)、若草山焼き(奈良県)、秋吉台山焼き(山口県)など。 【類義語】火入れ,野焼き

No Image

林野火災防ぎょ訓練:りんやかさいぼうぎょくんれん 

地域の消防団などが林野火災を想定して行う訓練のこと。草原のある自治会では、春先に行う火入れ林野火災防ぎょ訓練を兼ねることがある。

No Image

輪地:わち Firebreak

火入れの際、周囲への延焼を防止するため、あらかじめ草を刈り取り除去し可燃物を取り去った帯状のエリアのこと。通常は幅5m〜10m程度。主に阿蘇地域で使われている言葉。 【類義語】防火帯,火道 【関連語】輪地切り,モーモー輪地切り,輪地焼き

No Image

輪地切り:わちぎり making Firebreak?

輪地防火帯)を作ること。阿蘇地域に独特の言葉。 【類義語】火道切り 【関連語】輪地,モーモー輪地切り,輪地焼き

No Image

輪地焼き:わちやき 

輪地切りの後、その部分に新芽が出ないよう、刈り取った草に火をつけて焼き払うこと。周りの草が枯れてから行うと延焼しやすいため、まだ草が青い初秋までに行うことが多い。阿蘇地域に独特の言葉。 【関連語】輪地,輪地切り,モーモー輪地切り

No Image

把:は 

の単位の一つ。一抱えで集めることのできる量を一とする。

No Image

茅すぐり:かやすぐり 

採取したから、資材として重要な棹のみを選り分けるために、余分な葉や混ざりこんだ茅以外の植物を取り除き、採取した茅のに交じる茅以外の植物を除き、茅の長さなどを揃える作業のこと。 【関連語】茅

No Image

火引き:ひびき 

火入れ時に、火付け棒を使って点火していく作業のこと。また、その役割の人のこと。 【類義語】火付け 【対義語】火消し 【関連語】火付け棒

No Image

火付け:ひつけ 

火入れ時に、火付け棒を使って点火していく作業のこと。また、その役割の人のこと。 【類義語】火引き 【対義語】火消し 【関連語】火付け

No Image

消し方:けしかた 

火入れ時に、火消し棒などで火を消していく作業をする役割の人のこと。 【関連語】火消し

No Image

迎え火:むかえび 

火入れ時に、燃えていってはいけない方向に火が進んでいる際、逆の方向から点火する火のこと。迎え火を打つ、などという。本火が入ったあとは、火消し棒やジェットシューターでの消火はできないため、火と火をぶつけあうことで消火する手法がとられる。火は燃料がないと燃え進むことはないので、火がぶつかりあうことにより消火ができる。
経験に基づき、ある程度計画的に点火される迎え火もあれば、延焼を拡大させないため緊急の対処として点火される迎え火もある。いずれにせよ、地形や風向きによって火のまわり方は異なるため、本火、迎え火の点火には、その地における多くの火入れの経験に基づいた知識や技術が必要である場合が多い。 【関連語】本火

No Image

ひぞり火:ひぞりび 

(※前回のヒヤリハットに出ていたが、それ以外に用例が見つからない)

No Image

本火:ほんび 

尾根側から谷に向かって下るように少しずつ火を入れていった後、斜面下方から火をつけて一気に斜面を焼き上げる際の強い火のこと。火消し棒などでは消火できないほど強い火であり、最後は火と火をぶつけあうことで消火する。 【関連語】迎え火

No Image

草寄せ:くさよせ 

刈った草を寄せ集めてまとめること。また、それに使う道具のこと。道具には、電動草刈機の刃先に付ける草寄せパーツや、熊手(レーキ)などを用いる。

No Image

飛び火:とびひ 

火事などの時に火の粉が飛び、離れた所が新たに燃え出すこと。火入れにおいては、火のついた枯れ草等が気流に乗って防火帯を超えて着地し、周辺の草原や林地などに火が広がっていくこと。 【類義語】延焼

No Image

火消し:ひけし Fire fighting

火入れ時に、火消し棒を使って、残り火などを叩き消していく作業のこと。また、その役割の人のこと。 【対義語】火付け 【関連語】火消し

No Image

火付け棒:ひつけぼう 

火入れ時に点火するための棒状の道具で、多くの場合、長い竹の先に綿布などを巻いて油をしみ込ませておき、そこに火をつけて使う。

No Image

火ぼて:ひぼて 

No Image

ボランティア:ぼらんてぃあ volunteer

一般的に、自主的に無償で社会活動などに参加し、奉仕活動をする人のこと。草原再生の活動においては、防火帯づくりや火入れ作業に従事する人員の不足や高齢化が進んでおり、ボランティアの重要性が各地で増してきている。阿蘇では例年、延べ2,000人以上のボランティアが草原の維持管理活動に参加している。また、草原の公益的機能について理解を得るためには、草原でのガイド活動なども重要であり、このような活動にボランティアが活躍している地域も多い。

No Image

稈:かん culm

イネ科の茎のこと。茎には節があり、節以外は中空となっている。葺きは、その表面にの断面が露出しており、これにより水が軒先へ流れやすい構造になっている。

No Image

背負い式消火水のう:せおいしきしょうかすいのう Fire Fighting water Backpack

消防車などが入れない急傾斜地や林野において用いる背負式の噴霧器。一度に20リットルほどの水を携帯することができる。 【関連語】ジェットシューター

No Image